スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローバーミニ(MINI) 試乗インプレッション/評価レビュー

ローバーミニ(MINI) 試乗インプレッション/評価レビュー カーチェンブログ
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

アニメシティハンターの主人公 冴羽僚が乗っていた事でもお馴染みローバーミニ(MINI)が、カーチェンブログの試乗インプレッションに登場です。何気にこの車の非常に人気が高くて自分の周りにも保有している人が数名、昔保有していた人が数名とかなりの数いる事に驚きました。
この車の歴史はとても古く、オーナーの方々も心からミニを愛して止まない方々ばかりです。ミニのためなら時間とお金と労力は一切惜しまない・・・一体ローバーミニ(MINI)の何がそれほど人を引き付けるのか?この車にはどんな魔力があるというのか?体を張って体験してきました(笑)

先程ローバーミニ(MINI)は歴史が古いと言いましたが、この車が誕生したのが何と1959年!だそうで今が2011年だから・・・52年前!!古き良き英国生まれのクラシックな雰囲気がたまらないというファンは多いはずです。確かにここまで絵になる車は他にはないかもしれませんね。

でもただ古いだけじゃなくローバーミニ(MINI)は当時画期的な技術を世に出していたのです。それは世界初のFF(前輪駆動)車であることです。今では当たり前の事ですが、そのイノベーションを52年前にローバーミニ(MINI)が起こしていたんですね~素晴らしい!

CAV8RII2_convert_20110804225817.jpg
古き英国の雰囲気を醸し出すノスタルジックなスタイル。このような雰囲気を持つ車はもはや出てこないでしょう

CAF91IFZ_convert_20110804225737.jpg
ローバーミニ(MINI)オーナーのこだわりはとても細かくてMINI素人には理解できません
またほとんどの人が自分で何らかの施しをしています。ローバーミニ(MINI)には自分で自分好みの仕様にする楽しさがあるのかもしれません

CAHSE5VK_convert_20110804225750.jpg
MINIにスモークを貼っている人をあまり見た事がありません。MINI乗りにスモークはご法度なのか?

CAZJMR7H_convert_20110804225832.jpg
マフラーはセンター1本出しにしている人が多い


いよいよ試乗してみます。え~全国のローバーミニ(MINI)ファン、またはMINIオーナーには誠に申し訳ありませんがカーチェンブログは辛口コメントなのであえて言わせていただきますと「とても乗り難い!」
試乗前から快適性なんてものは全く期待していませんでしたが、それにしても乗り難い(運転がしにくい)
車が小さい割りにハンドルが重く、常に前傾姿勢を要求されます。おまけにアクセルペダルとブレーキペダルがとても近いので踏み間違えないように気をつけながらの運転しなければなりませんし、足回りの設計が古いためか車がポンポンよく跳ねます。このあたりを十分理解した上でMINIに乗らないと危険ですね。
普段クラウンに乗っている人が、いきなりMINIに乗り換えたら数百メートル動かしただけでもかなり疲れると思います、それかまともに運転は出来ないでしょう。それぐらいクセがある車を普段から乗っているローバーミニ(MINI)オーナーは凄い!と改めて感じました。

動力性能に関して、このボディに1.3L 直列4気筒OHV(インジェクション方式の場合で、初期型のキャブレター仕様は1L)で十分なパワー感を感じることができます。若干エンジン音の大きさが気にはなりますが、それはこの車の味だから許容範囲でしょう。スポーツ走行しても十分楽しいと感じることができる車です。最近の車はどれも同じで退屈な車が多い中、多少乗り難くてもこういった味わいがあって楽しい車に引き付けられる人間の深層心理に見事にMINIはマッチしているのかもしれません。


CAB5T6AD_convert_20110804225724.jpg
ローバーミニ(MINI)の注意点1
窓の開閉時、クルクルのレバーが通常とは逆(たしか窓を空ける時は逆時計回しで、閉めるときは時計回し)
ローバーミニ(MINI)の注意点2
画像では分かりにくいですが、ブレーキペダルとアクセルペダルが以上に近いので同時踏みにご注意(高齢者には優しくない車です)
ローバミニ(MINI)の注意点3
インテリアの純正ウッドパネルは経年劣化でよく割れます

CAQTBSJ4_convert_20110804225804.jpg
入れ間違えが非常に多いオートマ。上からP→R→N→1→2→3→Dという今ではまずありえない配置
一番上までちゃんと戻さないと、Rに入ってバックしちゃいますから!(経験済み)

『ローバーミニ 試乗インプレッション/評価レビュー結果』
デ ザ イ ン★★★★ ⇒見る者を魅了するクラシックなデザインは今や貴重な存在
イ ン テ リ ア★★    ⇒レトロな雰囲気はいいが、操作性や使い勝手は・・・
走 行 性 能★★   ⇒本当にミニが好きな人でなければ、運転するのは止めておきましょう
エ ン ジ ン★★★  ⇒必要にして十分なパワーであるが、メンテナンスを惰ると壊れる可能性大!
お得感(価格)★★   ⇒根強い人気があり、中古車相場は高め
 総   評 ★★★   ⇒ローバーミニ(MINI)の本当の価値は、この車のオーナーにしか分かりません
VW-256.png 10年・10万キロ超の車専門買取サイト『くるMAX』(スマホ用)
関連記事

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。