スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイラインGT-R乗り比べ 一気乗り評価(R32・R33・R34)

スカイラインGT-R乗り比べ 一気乗り評価(R32・R33・R34) カーチェンブログ
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

日本を代表するスポーツカーといえば日産のスカイラインGT-R。
今回カーチェンブログでは、スカイラインR32GT-R~R34GT-Rまでの3車種を取り上げてみたいと思います。

実に16年ぶりとなる1989年に登場したのがスカイラインR32GT-R。その性能の高さに度肝を抜かれた人は数知れず、一躍車好きの間で憧れのスポーツカーとなりました。
その後、1995年にドイツニュルブルクリンクサーキットで驚異的なタイムを引き下げてスカイラインR33GT-Rがデビュー。エンジン自体はR32GT-Rと同じ直列6気筒ツインターボ(RB26DETT)ですが、コンピュータ制御の見直しなどによりトルクアップが図られたモデルです。
そしてスカイラインGT-Rとしては最後になるR34GT-Rが更なる熟成を重ねて1999年にデビューしました。このモデルは、VスペックⅡ N1やMスペック、Nurスペックなどスペシャルモデルが数多く登場し、これらは現在でも中古市場で非常に高値(程度にもよるが新車価格と変わらないものもある)で取引されている人気車です。
時代と共に進化を重ね、日本のレースでも数々の実績を築き上げてきた3種類のスカイラインGT-Rを試乗インプレッションしてみましょう!

※カーチェンブログ関連記事 ニッサンGT-R(R35) 試乗インプレッション/評価レビュー

《スカイラインR32 GT-R編》
CAO6DS8T_convert_20110901191809.jpg
R32GT-Rが一番好きだという人は多い。未だにR32GT-Rが走っていると思わず目で追ってしまいます
最終型で低走行車の場合、まだ凄いプライスで取引されていますね

CA5IZSB3_convert_20110901191707.jpg
サイド~リアにかけてとても渋いスタイル

R32_convert_20110901191910.jpg
憧れのR32GT-Rのインテリア。画像はステアリングをはじめフルノーマル状態!
エンジンや足回りを含めて、程度の良いR32GT-R(ノーマル車)を中古市場で探すのは至難の業

スカイラインGT-Rシリーズの中で、未だに根強い人気を誇るのがR32GT-Rです。デビュー当時はまさに憧れの車であり、日本を代表するスポーツカーとして数々のレースで実績を上げてきた名車です。そんな一時代を築いたR32GT-Rを試乗インプレッションしてみると、さすがにデビューから20年以上経っているR32GT-Rには、メカニカル的な古さを感じます。ノーマルの状態ではランサーエボリューションやインプレッサなどのハイパワー4WDには正直勝てないと思います。それでも20年以上前にこれだけの性能を誇る車を作ってしまう日産の技術力は素晴らしいと思います!

まずハンドリングは、意外にも自然でビックリでした。昔の4WDシステムだから「きっとハンドルも重たいんだろうな~」っと思っていたら全くもってノープロブレムでした。ただアンダーステア傾向が強いのがR32GT-Rのウィークポイントですね。
そしてGT-Rと言えば、あの爆発的なエンジンパワーを是非体験してみなければと期待してましたが、いくら名機RB26DETTエンジンと言えども、さすがに20年も前の設計となると注文をつけたくなってしまいますね。まずエンジンのレスポンスが想像より遅かった事と、パワーやトルクの出かたが多少かったるく感じました。
それとボディの剛性があまり高くないように感じました。これだけ強力なエンジンを搭載し車重も重量級であればもうもっとボディ剛性がないと全体として上手くバランスが取れないように思います。

今や程度の良いR32を探すのは困難で、例えあったとしても20年前の車とは思えない値段で販売してますね。


《スカイライン R33GT-R編》
CA72DWBO_convert_20110901191724.jpg
今一R33系スカイラインのスタイリングは好きになれませんね

CAEE6BY9_convert_20110901191739.jpg
もっとGT-Rならではのオーラが欲しいもんです

CA0DMMMZ_convert_20110918220755.jpg
非常にボリューム感のあるR33のリア
もっとスッキリしたデザインの方がスポーティに見えると思うのだが・・・

R33_convert_20110901191924.jpg
非常に地味に?まとまったR33GT-Rのインテリア。
せっかく特別な車なんだから、もっとインテリアに力を入れて欲しかった・・・

R33GT-RはR32GT-Rのウィークポイントを改良し、ドイツのニュルブルクリンクで脅威のタイムをたたき出した事を売りにした車ですが、何故か市場の反応はイマイチです・・・R32GT-Rの鮮烈なデビューで新鮮味が薄れた?スタイルがかっこ悪い?それほど大きな性能差がなかった?などなど理由は様々でしょうが、中古車市場でもR32GT-Rに比べてR33GT-Rの方が安いケースが多いです。つまり世間の需要がR33GT-RよりもR32GT-Rの方が高い(人気がある)という事になります。

しかしながら、性能的にはR32GT-Rよりも勝っている点が多いです。まずエンジンの『ツキ』がよくなっているように感じ、レスポンスとパワーの出方がR32に比べて格段に早くなった感じがします。しかしながらR32GT-Rに比べてボディが大きくなったことで安定感は増したのですが、その代わりに車の動きにノッサリ感が出てしまったのがR33GT-Rの失敗だと思います!?


《スカイラン R34GT-R編》
CAT6SZAZ_convert_20110901191824.jpg
R34GT-RになってGT-R本来の迫力が戻ってきた!?

CAWAV34W_convert_20110901191841.jpg
リアも迫力十分!可変式リアウィングが目立ってます

CAL3LSXW_convert_20110918220856.jpg
そしてこれが最強の!?R34GT-RであるMスペックニュル!!

CA845ZIB_convert_20110918220842.jpg
Mスペックニュルのエンブレムが眩し過ぎます!お値段もスーパー級

CALNYI8J_convert_20110901191754.jpg
18インチの純正アルミホイール。ブレーキはブレンボ製でスリッドローターを装着!

R34_convert_20110901191938.jpg
R32やR33と比べるとかなりハイテクな雰囲気のインテリアに変化しました

CAZFUMGR_convert_20110901191856.jpg
R34GT-Rには、車の様々な情報がグラフや数値で確認できるモニターが設置されています

R34GT-Rに乗ると他の2つのGT-Rとは違い、ハイテクな感じを受けます。無論、この中では一番新しいので当然と言えば当然ですが。それにしてもGT-Rという車は、ほんとうに進化を止めることを知りませんね。このR34GT-Rも走行性能において全ての面でR32とR33を超えています。またエンジンもより一層ファインチューンが施されていて、思わず「素晴らしい!」と言ってしまうほどの出来栄えです。
さらに運転する楽しさもより一層磨き上げられた感じがして、走りだけでなく普通に乗っていても気持ちいい車です。

試乗を終えて感じたことは、3つのGT-R各々が個性を持っていたけど全てがGT-Rだってこと。
それぞれのGT-Rに違いはあるけど、GT-Rとしてのポリシーは皆同一だと感じました。
Childhood Dream-256本当に知ってる?中古車に関する話 『カーチェン.jp』
関連記事

テーマ : スカイライン
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

何年経ってもGT-Rは高いですね

オバrevさん

コメント頂きありがとうございます。
やっぱりGT-Rには特別な思いがありますよね~分かります!

R34GT-Rで高年式・低走行車、さらにニュルスペックともなれば新車と同じか
場合によってはそれ以上なんて事もあります。
何と言っても10万キロ程度の走行車でも、いい値が付くぐらいですからね(汗)

いやはや何年経っても高嶺の花ですね~GT-Rは・・・

> スカイラインGT-R、車好きにはたまらない響きです。
>
> この車だけはまさに別格の存在感、特別のオーラがあります。
>
> 非常に興味あったし、真剣に購入を考えたこともありましたが、残念ながら夢の車で終わってしまいました。
> でも、そういう悩ましい車が存在した良き時代だったような気がします。
>
> 希望としては、最後の直6GT-RであるR34の程度の良いノーマル車があれば欲しいですけど、高いんでしょうね(^_^;

No title

スカイラインGT-R、車好きにはたまらない響きです。

この車だけはまさに別格の存在感、特別のオーラがあります。

非常に興味あったし、真剣に購入を考えたこともありましたが、残念ながら夢の車で終わってしまいました。
でも、そういう悩ましい車が存在した良き時代だったような気がします。

希望としては、最後の直6GT-RであるR34の程度の良いノーマル車があれば欲しいですけど、高いんでしょうね(^_^;
プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。