スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ インサイト 試乗インプレッション/評価レビュー

ホンダインサイト 試乗インプレッション/評価レビュー カーチェンブログ
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

今や石を投げばプリウスに当たると言えるぐらい、そこらじゅうに溢れているプリウスを見るともう完全にハイブリッド車は日常的な車として世の中に定着した感があります。そんなハイブリッド車の代表格といえば日本で最も売れている車トヨタのプリウスと今回試乗インプレッションでご紹介するホンダのインサイトになります。この2車種は同じハイブリッド車であっても、プリウスとインサイトではハイブリッドシステムの仕組みが異なるので必然的にフィーリングも違ってきます。その辺を踏まえた上でカーチェンブログでは、ホンダ インサイトの試乗インプレッションを通し改めてハイブリッド車を評価してみたいと思います。

※カーチェンブログ関連記事 トヨタプリウス 試乗インプレッション/評価レビュー

ハイブリッド車の最大のメリットは何と言っても圧倒的な燃費性能です。インサイトの場合カタログ値で30km/lとなっており、今でこそスカイアクティブ技術によるエンジンを搭載したマツダのデミオがガソリン車で30km/lを達成しましたが、やはりハイブリッドシステムによる燃費向上の恩恵は大きいものです。
そのハイブリッドの仕組みがプリウスとインサイトでは大きく違います。プリウスのハイブリッドシステムはエンジンとモーターの協調制御を行うもので、エンジンのみ/モーターのみ/両方などその時の走行状態によって自動で切り替わる高度なシステムなのに対し、インサイトのハイブリッドシステムは発進や加速時にモーターがエンジンのアシストをするだけのシンプルで単純な仕組みという違いがあります。
燃費の観点から評価するとプリウスに軍配が上がりますが、走行フィーリングではインサイトの方が自然で抵抗なく乗ることができます。特に低速時にプリウスはエンジンとモーターの切り替えが頻繁におきるためギクシャクした動きになり、乗っていても不快感を覚えます。またアクセルを踏み込むとエンジン音+モーター音のダブルが音を出すので非常にウルサイです。その点インサイトは基本的にエンジンが主のハイブリッドシステムなのでモーター感が全面に出てくることがなく、ガソリン車からハイブリッド車に乗り換えても違和感なく運転することができます。ハイブリッドカーなのにハイブリッドっぽくないところがインサイトの良いところだと思います。

CADJREEY_convert_20111217232841.jpg
未来的なデザインのプリウスに比べて、スポーティな雰囲気を奏でるインサイト

CA4JHAR2_convert_20111217232806.jpg
インサイトがプリウスよりも人気がないのはこのデザインが×という噂も・・・

CAHD1YBD_convert_20111217232859.jpg
若い男性を意識したようなデザイン。年配者や女性にはインサイトはどう写るのでしょうか

CAMD5QTL_convert_20111217232920.jpg
貧相な印象がするインサイトのリヤ。この辺りプリウスは抜かりなく仕上げています
インサイトの後部座席は圧迫感が強く、背が高い人はルーフに頭が付くぐらい狭いのでご注意!

CA610MIP_convert_20111217232822.jpg
シンプルなプリウスに比べ、ゴテゴテ感があるインサイトのインテリア
プラスチック感が強く質感は低めです

価格・燃費性能・走行性能どれをとってもライバルのプリウスに引けを取らないインサイトですが、何故か販売台数でプリウスに大きく差をつけられています。直近の2011年11月の販売ランキングを見てもプリウスが34,000台の第1位なのに対しインサイトは30位以内にも入らないまさに完敗状態・・・。中古車市場でもハイブリッド車に関しては9割前後がプリウスでインサイトはあまり流通していません・・・。この事からも消費者は、ハイブリッド車が欲しいというより「プリウス」というブランドが欲しいように思えます。個人的にインサイトはもっと評価されてもいい車だと思うのですが、ハイブリッド車=プリウスという図式が日本人の頭の中に出来上がっているので、状況を改善するのは困難かもしれません。最近ホンダはフィットハイブリッドやフィットシャトルなど大人気車フィットのハイブリッドモデルを発売しており、巻き返しを図るホンダにとってインサイトの存在意義はますます薄くなりつつあります。

~ハイブリッドの未来について~
日本ではハイブリッド車は有力な選択肢の一つですが、残念ながら海外(特に新興国)ではほとんど普及していないのが現状のようです。どうやら携帯電話同様にハイブリッド車も日本独自の進化をしており、今後ハイブリッド車の未来を占う上で諸外国(特に新興国)での認知や人気がカギを握るのかもしれません。

『ホンダ インサイト 試乗インプレッション/評価レビュー結果』
デ ザ イ ン★★    ⇒近年のホンダに良く見られるデザイン。アピール性があまりなくもっと個性が欲しいところ
イ ン テ リ ア     ⇒デザイン自体は悪くないが、コストダウンの影響がモロに見受けられる
走 行 性 能★★★ ⇒ハイブリッド車という事を感じさせない自然なフィーリングは◎
エ ン ジ ン★★★  ⇒フィットの1.3Lエンジン+モーターとはいえとても元気
お得感(価格)★★   ⇒標準装備モデルは200万円強するが、それでもプリウスよりは安い
 総   評  ★★    ⇒ありふれたプリウスでは嫌な人に。でもハイブリッド車のデメリットも十分理解するべき

■ ネットで気軽に車を個人売買 「カーチェン.com」
関連記事

テーマ : ハイブリッド車
ジャンル : 車・バイク

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

ハイブリッド

オバrevさん

コメントいただきましてありがとうございます。
インサイト試乗されているんですね。個人的にはガソリン車のフィーリングが根強いので、どうしてもプリウスには抵抗を感じてしまいますが、仰る通りそれがハイブリッド車に乗っているという実感になるのかもしれませんね。

ちなみに自宅のすぐ前にある駐車場(15台前後)には、何と5台がプリウス!
そのオーナーは高齢な方が多く、これといって車に興味がない人ばかりでした。
おそらくプリウスを選んだ理由として燃費が良いこととエコカー減税による値引きがキーになったと思われます。もちろん単なる仮説ではありますがプリウスの躍進ぶりを見ると、人々の車選びの基準がここ数年で大きく変わってきているように思える今日この頃です。

> 試乗もしましたけど、プリウスのようにモーター走行がないので、メーター以外ではハイブリッドらしさを感じにくいハイブリッドですね。
>
> ハイブリッド車に乗るということは、ハイブリッドであることを感じられることも大変重要だと思いますので、その辺りがプリウスとの大きな差になっているような気がします。
>
> 難点は仰るとおりチープさと、マイチェンで改善はされたらしいけど、リアシートの室内高の低さですね。
>
> 海外では、大衆車はダウンサイジング+ターボで燃費と動力性能を確保し、ハイブリッドは高級車に使われるような感じですね。

No title

試乗もしましたけど、プリウスのようにモーター走行がないので、メーター以外ではハイブリッドらしさを感じにくいハイブリッドですね。

ハイブリッド車に乗るということは、ハイブリッドであることを感じられることも大変重要だと思いますので、その辺りがプリウスとの大きな差になっているような気がします。

難点は仰るとおりチープさと、マイチェンで改善はされたらしいけど、リアシートの室内高の低さですね。

海外では、大衆車はダウンサイジング+ターボで燃費と動力性能を確保し、ハイブリッドは高級車に使われるような感じですね。
プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。