スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ マークⅡ&チェイサー(ツアラーV) 試乗インプレッション/評価レビュー

トヨタ マークⅡ&チェイサー(ツアラーV) 試乗インプレッション/評価レビュー カーチェンブログ
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

世界で最も商品やサービスを見る目が厳しいとされる日本人は、車に対しても同様に様々な要求・要望を持ち、メーカー側もそういったニーズに対応する車を開発してきました。その結果現代ではミニバンやコンパクトカー、SUVにステーションワゴンそれに日本独自の軽自動車など様々なボディタイプが誕生しています。そんな中いまいち元気がないのがセダンタイプの乗用車。昔は車といえばセダンがほとんどでしたが、今ではその割合を減らし続けています。確かに居住空間の広さや使い勝手の面で他のボディタイプに敵わないけれど、走行安定性や動力性能など車としての基本性能の高さはピカイチ!そんなセダンタイプの車を見直そうと思い、今回のカーチェンブログでは日本を代表するミドルセダンであるトヨタマークⅡとチェイサーを取り上げてみようと思います。

CAIOY6KC_convert_20111224002726.jpg
100系マークⅡの最速モデルツアラーV
エンジンは名機1JZ!今では貴重な直列6気筒2.5Lツインターボで280馬力

CAP4ELE1_convert_20111224002752.jpg
スポーツモデルのツアラーVでも通常のマークⅡと外観はそれほど大きくは変わりませんが中身は別物

試乗してみると流石熟成を重ねたトヨタのミドルセダンだけあって、走行時の安定感はバツグンです。そして乗り心地ももちろんgood!ツアラーVでもノーマル状態であれば、通常モデルと乗り心地や静粛性はそれほど変わりありません。でもツアラーVをノーマル状態で乗っている人は珍しく大方は、足回りやエンジンなどのチューニングを行っています。そしてチューニングすることでツアラーV本来のポテンシャルが発揮されます。

ツアラーVで最も高く評価されるのは1JZ型と呼ばれるエンジンで、このエンジンは本当に名機と呼ぶに相応しい一品です。直列6気筒エンジンの雑実のない澄んだエンジン音は、BMWの「シルキー6」と呼ばれる直列6気筒エンジンと同等かそれ以上のフィーリングを持ちえます。パワーは十分にありますが、このエンジンの特性としてトルクの出方が素晴らしいと感じました。低回転からしっかりフラットにトルクが湧き出てくるエンジンで、とても扱いやすく『官能的』という言葉が最もマッチしたエンジンです。
直列6気筒のエンジンは、有名なスカイラインGT-RやBMWなどに搭載されていますが、その大きさと重さから徐々になくなりつつあります。中古車でしか手に入らない貴重な直6エンジン搭載車、一度は手に入れて堪能してみたいものです。

CARDJO2G_convert_20111224002836.jpg
マークⅡツアラーVのインテリア。標準モデルよりもツアラー系のほうがシンプルな作りをしています

CADIMM8E_convert_20111224002923.jpg
何と言ってもツアラーVはマニュアルで乗るべきです

CAR5O3ED_convert_20111224002814.jpg
こちらはフルモデルチェンジした110系マークⅡ
この型からツアラーVというグレードはなくなりiR-Vと呼ばれています

ドリフトをする人から熱烈な支持を集めているのが100系チェイサーです。一般の人からすると、「4枚ドアのセダン車がドリフト?」と思うかもしれませんが、ドリフトをする他のスポーツカーと比べチェイサーのホイールベースは長いため、比較的安定した姿勢を保つことができるようです。
マークⅡやクレスタと比べて一層スポーティーな外観と設計がされているチェイサーは、ツアラー系が最も売れたモデルとなりました。そのため程度にもよりますが、中古市場でもまだまだ値段は高めで推移しています。

CATXW6P1_convert_20111224002858.jpg
マークⅡ3兄弟で最も人気があった100系チェイサー。ツアラーVといえばチェイサーを連想する人が多いのでは?
ボディの基本構造は3兄弟(マークⅡ・チェイサー・クレスタ)同じですが、チェイサーはよりスポーティーな設計により全長がマークⅡに比べて短縮されています。

CABE7MO8_convert_20120517140937.jpg
これこそがツアラーVの走りを支える名機1JZ型エンジン

CAX694V7_convert_20120517140952.jpg
2500cc 直列6気筒ターボエンジンは、官能的な音と加速感を味わえます


『トヨタ マークⅡ&チェイサー(ツアラーV)試乗インプレッション/評価レビュー結果』
デ ザ イ ン★★★    ⇒古さを感じないと言ったらウソになるが、渋いデザインは若年層にも人気
イ ン テ リ ア     ⇒残念ながらインテリアは寂しい感じで、デザイン性も低い
走 行 性 能★★★★ ⇒セダンの懐の深さを持ち合わせながらも、ドリフト車としても優秀な動力性能
エ ン ジ ン★★★★★  ⇒文句なしの5つ星!1JZエンジンは名機です
お得感(価格)★★   ⇒特にチェイサーは根強い人気があり、程度のわりに中古価格は高め
 総   評  ★★★    ⇒この車に乗ると、改めて車の楽しさや魅力を再認識させてくれます

■ ネットで気軽に車を個人売買 「カーチェン.com」
関連記事

テーマ : ドリフト
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

1JZ

オバrevさん

コメント頂きありがとうございます。

機会があれば是非乗ってみてください!絶品ですよ~
あっでもノーマルだと正直物足りないです・・・。できれば給排気系ぐらいはイジっている個体がベストです。
そこら辺は昔の車と言うことで大目にみてやってください(汗)

アルファードのV6もスムーズですよね!
他にもセルシオやクラウンマジェのV8など、トヨタはこのクラスでスムーズなエンジンを得意としてますね。


> ほ~ぉ、1JZ型ってそんなにいいんですか。
>
> 私はかつてBMW320iと328iでBMWの6気筒に乗っていましたが、確かにレッドゾーンまで一切のストレスなく回り切るもののシルキーという感じは受けませんでした。
>
> 今乗っているアルファードはV6ですが、5,000回転まではBMWの6気筒を上回るかのごとくウルトラスムーズでシルキーに回ります。
>
> 一度乗ってみたいですね。

No title

ほ~ぉ、1JZ型ってそんなにいいんですか。

私はかつてBMW320iと328iでBMWの6気筒に乗っていましたが、確かにレッドゾーンまで一切のストレスなく回り切るもののシルキーという感じは受けませんでした。

今乗っているアルファードはV6ですが、5,000回転まではBMWの6気筒を上回るかのごとくウルトラスムーズでシルキーに回ります。

一度乗ってみたいですね。
プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。