スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファロメオ ミト(MiTo) 試乗インプレッション/評価レビュー

アルファロメオ ミト(MiTo) 試乗インプレッション/評価レビュー
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

この車を見て、すぐにアルファロメオだと分かる人はどのくらいいるでしょうか?良く見ればフロントグリルのデザインなどはアルファロメオ独特のものがありますが、全体的な車の雰囲気やライトの形状などは、今までのアルファロメオには見られない独自性があります。従来のアルファロメオのイメージとしてスポーティーかつセクシーな車を連想しがちですが、今回取り上げる車は明らかに可愛い系あるいはオシャレ系の車であるといえます。
その車の名前は 『アルファロメオ ミト(MiTo)』
ミト(MiTo)の由来は、ミラノ(Mi)でデザインされ、トリノ(To)で生産されたことから来ているとか。
アルファロメオの中で一番小さく最も可愛げなミト(MiTo)をカーチェンブログにて試乗インプレッション/評価レビューしてみましょう!

CAZEWKN6_convert_20120316161140.jpg
ミト(MiTo)はオシャレで可愛いアルファです。カラーは赤・黒・白・黄が主流

CAJS03W2_convert_20120316161027.jpg
近くでよく見るとスポーティーな演出もされています

CAO7TGAI_convert_20120316161041.jpg
リヤには少し崩した形のMITO(ミト)の文字エンブレムが付いています
特徴的なのは、テールランプがクロームのリングで囲まれている事。これだけでオシャレ度は格段に上がりますね。


試乗したミト(MiTo)は、初期型モデルのマニュアル車です。
アルファロメオにしてはボディがしっかりしていて、ドイツ車と比べても遜色ないレベルの仕上がりです。ステアリングのフィーリングや足回りのセッティングなどは思ったよりもスポーティで、見かけとは裏腹にどちらかと言えば走り寄りの車であるといえます。その走行性能をさらに引き立てることができるのがD.N.A.システム。センターコンソール右に操作スイッチがあり、このシステムを使い走行状況にあった自分好みのセッティングがワンタッチで行えるのはウリの一つです。「D」はダイナミックでターボ過給圧が上がりトルクも3kgm増大、ステアリングのフィーリングもよりダイレクトに変化します。「N」はノーマル、「A」はオールウェザーモードで滑りやすい路面でのドライビングに最適なモードです。このシステムによってミト(MiTo)を様々な方法で楽しむことができるようになります。

ただここで1つアルファロメオ ミト(MiTo)を検討している人や興味がある人に忠告すると、マニュアル車は止めておいた方がいいです。マニュアル車を選択する人は走りも楽しみたいわけですが、ミトのマニュアル車は残念ながらスポーツ性を全くといっていいほど感じません。何故ならエンジンの吹けが異常に悪い!何でこんなに回らないの?と不機嫌になるぐらいエンジンレスポンスが悪く吹き上がってくれません。走る楽しさを期待してマニュアルを選択したら間違いなく後悔します。
原因としてマニュアル設定しかない初期型ミトは、1.4Lターボエンジン(155馬力)を搭載しているのですがこれが良くない。なので本気で購入を検討するのであれば、2010年10月マイナーチェンジ後に発売された新開発1.4Lマルチエアエンジン+新開発オートマ(アルファTCT)がベストチョイスになります。アルファロメオのオートマといえば変速ショックが大きくレスポンスが遅いと酷評されたセレスピードの悪い印象しかありませんが、ミトに搭載されている6速乾式デュアルクラッチオートマチックはこのウィークポイントを見事に解決し、吹き上がるエンジンレスポンスとパワーを十分感じることができます。


CAB34I0Z_convert_20120316161013.jpg
ミト(MiTo)のインテリア画像。
さすが最近の車だけあって、今までのアルファロメオの質感とは段違いに良くなっています

CA5KJUSE_convert_20120316160956.jpg
ミト(MiTo)は中古市場でマニュアルの方が多いです。
その理由としてデビューから約1年弱の間はマニュアル車しか設定がなかったからで、オートマ車は2010年3月~(マイチェンモデル以降)しかないからです。

CAXQ4THD_convert_20120316161125_convert_20120316161239.jpg
ミト(MiTo)のダッシュバンは、つや消しカーボン調になっておりプラスティック感はゼロ

CAXPBYBD_convert_20120316161110.jpg
面白いのがモケットのシート生地の作りで、デコボコした凹凸がいくつもあります
またオプションの本皮シートは、フェラーリと同様の高級本皮を使用している

CAQRPG5Z_convert_20120316161057.jpg
アルファロメオらしいデザインをしたミト(MiTo)の純正アルミホイール
タイヤは車の大きさには不釣合いな17インチを履きこなす

『アルファロメオ ミト(MiTo) 試乗インプレッション/評価レビュー結果』
デ ザ イ ン★★★★    ⇒オシャレで可愛いアルファもありです
イ ン テ リ ア★★★★    ⇒このクラスの車ではトップクラスの質感と完成度の高さ
走 行 性 能★★★   ⇒可愛らしい外観に関わらず、しっかりとした走行感
エ ン ジ ン★★★★    ⇒近年の欧州車で流行の1.4Lターボの組み合わせは必要にして十分な性能
お得感(価格)        ⇒価格的にはアウディA3とほぼ同じだが、やはり割高感がある
 総   評  ★★★     ⇒ミト(MiTo)は女性にも似合いそうなアルファロメオです

■ ネットで気軽に車を個人売買 「カーチェン.com」
関連記事

テーマ : アルファロメオ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

イタ車の魅力

オバrevさん

コメントいただきありがとうございます。
イタ車って本当に粋ですよね。独特の雰囲気があって、乗り方によってはとてもかっこいいです。
ただ仰る通り故障などのトラブルの多さから敬遠する人も多いのかもしれませんね。
イタ車を購入するには、少しの勇気と大らかな気持ちが必要かもしれません(笑)

今回のMITOは、中古市場への流通量も増えてきているのですが、いずれも前期型のマニュアルが多いです。
最近のアルファロメオということもありディーラー曰く、故障はあまりないそうです。

一度は乗ってもいいかもしれませんねイタ車

No title

アルファロメオといい、フィアットといい、小さくて粋な車を作るのがイタリアはうまい!

ずっと以前に、アルファ146に試乗したことがありますが、ボディ剛性はイマイチだったけど、元気一杯のエンジンが気持よかったです。でも故障が多いという噂もあったのが引っかかって買いませんでした。

このMITOの価格はゴルフと同じくらいで、確かにちょっと高い感じはしますけど、ボディ剛性も上がって、故障も少ないなら、ワクワクしながら運転を楽しめそうな点を買うってのもありかもしれない・・・でも実際に購入となったらゴルフを選ぶだろうな^_^;
プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。