スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクサスLS/GS 試乗インプレッション/評価レビュー

レクサスLS/GS 試乗インプレッション/評価レビュー
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

日本が世界に誇る高級車といえばレクサス。そのレクサスの中でフラッグシップモデルとなるレクサスLSとレクサスブランドの中核を担うミドルセダンレクサスGSを、今回カーチェンブログでは試乗インプレッションしてみたいと思います。
今や完全にプレミアムメーカーとしての不動の地位と実績を築き上げた感のあるレクサスですが、実際に試乗してみるとどんな車なんでしょうか?早速試乗インプレッションしてみたいと思います。

レクサスLSはトヨタの高級セダンセルシオの後継車としても有名で、ご存知の通りレクサスのラインナップ車の中で最も高価なモデルがレクサスLSになります。※LFAは除く
ハッキリ申し上げましてこの車はスゴイです!圧倒的な静粛性、インテリアの精密な造り込み、上質な乗り心地、スムーズな加速など上げればきりがありません。この部分においては、完全にメルセデスベンツSクラスやBMW7シリーズを凌駕しいます。もちろんドイツのプレミアムメーカーとは車の方向性が違うので一概にどちらが良い悪いとは言えませんが、この部分では世界一の車だと断言できます!ただし、スタイリングが好きになれないという人が多いのには納得です。
それと運転していて楽しいか?と言われると・・・です。

CAYGCZPG_convert_20120419150711.jpg
堂々とし風格があるレクサスLS。実際乗ってみると車に守られている安心感があります

CAPJFJSJ_convert_20120419150641.jpg
世界に通用するプレミアムコンフォートカーとしてベンツやBMWとは違った魅力があります

CATUUUE5_convert_20120419150655.jpg
レクサスLSのリヤ。日本の高級車らしく落ち着きと気品と兼ね備えたデザインに仕上がっている

CA98VAZ1_convert_20120129143813.jpg
まさに芸術といえるぐらい完璧なレクサスLSのインテリア。造り込みの精度はドイツ車以上!

CADNZ5G0_convert_20120129143833.jpg
ボタンの数が多く、もう少し簡素化したほうが操作性が向上すると思われるインテリア

CAM5BPT9_convert_20110430152452.jpg
驚くほどのクオリティの高さは完全にメルセデスベンツやBMWを凌駕している

CAMK1P7M_convert_20110430152508.jpg
オプションによっては、両リヤサイド窓に自動サンシェードが付く。
まさにエグゼクティブのため至れり尽くせりとはこのことか!


そしてもう一台の試乗インプレッション車はレクサスGSです。レクサスGSはトヨタの高級セダンアリストの後継車で、何となくその雰囲気がデザインに残っている感じがします。レクサスGSもLS同様に非常に良くできていて、現行型クラウンにさらに磨きをかけたような車です。2005年のデビューから7年が経過し若干デザインに古臭さはありますが、車としての基本性能はしっかりしています。ただレクサスGSはLSほどの売りや特徴がないので、メルセデスベンツEクラスやBMW5シリーズ、アウディA6等と比べた場合見劣りしてしまうかもしれません。
レクサスGSが全ての部分で高得点を取れる優等生タイプだとしたら、各国のプレミアムメーカーの車は個性的で、他が真似出来ないオリジナリティがあるタイプでしょうか。

CA5Q5BJW_convert_20120202011500.jpg
レクサスGSのスタイリングには、もう少し高級感を演出したいところ

gs_convert_20110302234830.jpg
定番の明るめのウッド調パネルのモデル。中古市場では、圧倒的にこのタイプが多い

gs2_convert_20110302234853.jpg
レクサスLS同様、作り込みのレベルの高さはGSも文句なしのレベル

gs3_convert_20110302234914.jpg
落ち着いたダーク系のパネルにすると雰囲気が変わります

レクサスは今回取り上げたLSやGS以外にも、IS(セダン)やSC(オープンクーペ)・HS(ハイブリッドセダン)・RX(SUV)・CT(コンパクトハッチ)などのモデルがラインナップされていますが、どの車も素晴らしくよくできています。今後はハイブリッドモデルが沢山でてくることが予想されます。
レクサスというブランド名を聞いただけで「高級・高い」と思われる方も多いかと思います。しかし中古車オークション市場では100万円台で取引されているレクサス車は意外に多く、レクサスISやSC・GSはデビューから年数が経っているので中古車も多く出回っています。
販売店の店頭ではまだまだ高価なレクサスですが、業者オークションでの価格は下落してきておりコネがあればオークションで直接購入するのも良いかもしれません。

『試乗インプレッション/評価レビュー レクサスLS・GS結果』(USF/GRS/URS)
乗り心地   ★★★★★ :これ以上快適な車は、この世に存在しません
スタイリング ★★★   :もう少し個性が欲しいような気がする
走行性    ★★★★  :エンジン・ボディ・足回り全てが上質に機能しています
インテリア  ★★★★★ :細部にわたって本当に丁寧に造っています
総 評    ★★★★  :ドイツ車とは違った独自の高級感
Childhood Dream-256本当に知ってる?中古車に関する話 『カーチェン.jp』
関連記事

テーマ : LEXUS/レクサス
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

車大好きメタボおやじさん

コメントいただき誠にありがとうございます。
現行750iからパナメーラGTSにお乗換えとは羨ましい限りです。
足回りに強いこだわりをお持ちのようで、パナメーラへの乗り換えはベストチョイスではないでしょうか。
おまけに強固なボディにポルシェらしいエンジンと今から楽しみですね!
私も初めてパナメーラに試乗した時、車の完成度の高さに驚ろかされました。ポルシェといえばスポーツカーの印象がやはり強くこういったボディタイプの車はどうかな?っと思ったのですが、乗った瞬間その疑問が吹き飛んだのを覚えています。
カイエンやパナメーラは世界的にも成功しており、ポルシェのブランド力の高さを感じます。

よければ納車後の感想などまたご連絡下さい。お待ちしております。

No title

現行750i乗です。購入の際にLSも試乗しましたが、意外にも750iもLSに負けず劣らず静かで、乗り心地も上々です。高速での非合法の速度ではやはりLSは少々不安、まだまだドイツ車には勝てません。ただ、昔からBMWを乗り継いでいる者にはこの足回りは物足らないのも確かです。新しい3,5シリーズも以前と比べると乗り心地に振ったサスセッティングのようですね。それとFRはどうしても雨の日に飛ばすと怖い、こんな時は4WDが無敵です。そういうことで、私は先日パナメーラGTSを予約しました。セールスさんの話ではサスは4Sよりかなり引き締まっているようで、硬めが好きな人はこちらの方が好みでは、ということでした。20インチにインチアップし、内装もシルバーのステッチ入りにしたり、4席独立エアコンなども付けるとオプションだけで100万円以上!、おまけにキーレスゴーまでオプションってどういうこと?(でも便利なので付けました)。ポルシェは本当に商売上手、それでも買いたいと思わせるブランド力がすごいですが。納車は9ヶ月後(どうにかならんのか?)ということで首がどんどん長くなっております。
プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。