スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイハツコペン 試乗インプレッション/評価レビュー

ダイハツコペン 試乗インプレッション/評価レビュー
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

現在発売中の軽自動車でオープンスポーツカーといえば何と言ってもダイハツのコペン(Copen)です!軽オープンスポーツカーは今では貴重な存在であり、根強い人気を誇る車です。
「軽自動車なんだし、どうせ手動で開け閉めするんでしょ~」と考えているそこのあなた!ダイハツコペンを甘く見ていますね。侮るなかれ!ダイハツコペンは軽自動車として初めて電動開閉式アクティブトップを採用し、サイドギア付近にあるスイッチ操作で約20秒というスピーディなルーフ開閉を実現しているんです!素晴らしいじゃないですかーダイハツコペン。
ルーフをオープンにして海沿いの道を風を切って走る・・そんな夢を実現してくれる車コペンを、カーチェンブログでは辛口試乗インプレッションしてみましょう

コペンの車内に乗り込んでまず感じるのは「メチャクチャ狭~い!」
最近の軽自動車は規定いっぱいで車を作っているので、室内は普通乗用車以上の開放感に溢れていますが、コペンの狭さには軽いショックを受けます。まあオープンスポーツカーとして車を開発しているのでしょうがないのですが、小心者の著者からするとトラックや大型車に横からぶつけられたらちょっとやばいかもしれない・・・と思わずにはいれません。
でもコペンの醍醐味はやはりオープンカーであること!これに尽きます。ネックだった車内の狭さもオープンにさえしてしまえば青空という無敵の開放感に変わります。
2人しか乗れないとか荷物が載らないなど何かと実用面でのデメリットを指摘されがちなオープンカーですが、やはりあのオープン時の開放感はそれだけの価値があります。オープンカーを楽しみたい人にダイハツコペンは入門編として検討すべき1台かと思います。

CAPWF4YJ_convert_20110227105943.jpg
車体の幅・天井共に狭く、非常に圧迫感を受けるコペンの車内。軽オープンスポーツカーの宿命か!?

CAV93D56_convert_20110529111053.jpg
大げさに言うと、助手席の人と肩がぶつかるぐらいのタイト感


続いてコペンの走行性能をチェックしてみましょう!
さっそく走り出してみると、「ギシギシ」「ガタガタ」色んな音がボディのあちこちから聞こえてきます。定かではありませんが、ルーフなどオープン部分の繋ぎ目などから音が出てくるのかも知れません。しかも走っていても明らかにボディ剛性が低いのが感覚で分かります。まあ軽自動車でオープンともなればしょうがないかもしれませんが・・・快適に走る上でもう少しボディ剛性は必要かと思います。

次にコペンの乗り心地に注目してみると、車が軽く足回りのセッティングが固いのか小刻みに車が跳ねます。これはコペンの足回り構造の他に、純正タイヤの扁平率の低さからきていると思います。なぜならコペンは軽自動車にも関わらず、なんと扁平率50の15インチタイヤを純正タイヤで履きこなしてしまうんです!だから長距離ドライブ時などには、車酔いしやすい人は注意をした方がいいでしょう。走りの性能を多少スポイルしても、もう少しマイルドな味付けをした方が、コペンは安定感を持った車に仕上がると感じました。
CAWCK7S6_convert_20110808212529.jpg
コペンは純正で15インチのアルミに50タイヤを装着

コペンの真骨頂であるスポーツ走行性能の観点からインプレッションすると、ハンドリンクはとても素直で車もクイックに反応してくれます。またターボの過給も早い時点から気持ちよくきいてくれます。スポーツカーを運転する楽しさを紛れもなくコペンは持っていますね。そういった意味で、軽く小さいオープンスポーツカーで手軽に走りたい人にコペンはお勧めな一台だと思います。
CALJ4R9U_convert_20110808212514.jpg
発売当初から変わらないコペンのスタイリング。独特のスタイルに一瞬目を奪われます

CAE323PO_convert_20110808212442.jpg
コペンには原色系からメタリック色やダーク系など様々なカラー設定があります
この色(メタリックダークグリーン?)だと高級感が増す気がします

CAFT2PAN_convert_20110808212458.jpg
シンプルだが洒落た感じを受けるコペンのリヤデザイン

CADV5YUH_convert_20110808212343.jpg
自動でルーフ部分がトランクに収納される!これがコペン最大の売り

CAR6V6GB_convert_20110719205229.jpg
小さいですが、インタークーラーのような物が見えます。
コペンのターボは吸気のかかりがいいので楽しめますよ♪

最後にコペンのインテリアを見てみると、最近の軽自動車の充実振りからすると正直寂しい限りです。特にオートマのノブはオモチャのような質感で、マニュアルに関してはミッションの剛性感がありません。両方ともあまり無理に操作すると壊れてしまいそうな感じでした。この辺りは高級軽自動車としてもっとがんばってほしいものです。
シフト
一見高級そうに見えますが、実は軽くプラスチッキーなノブとオモチャのような操作感


コペンの新車価格は非常に高く車両本体価格だけでも160~200万!!税金やら諸費用を入れると総額いくらになるのでしょうか・・・。人気があるので中古車市場でも販売価格はとても高く、正直言って普通の乗用車よりも高いぐらいです。中古車の価格は人気(需要)や流通量など様々な要因で変動するため、軽自動車という先入観やイメージで判断すると大きなギャップがあるのでご注意下さい。

『試乗インプレッション/評価レビュー ダイハツコペン結果』
乗り心地   ⇒ 車体がポンポン小刻みに跳ねます。我慢できる範囲だが他の軽自動車とは大きく異なる
スタイリング★★★★ ⇒ デビューして約10年だが、スタイリッシュで未だに衰えない魅力
走 行 性 ★★★ ⇒ スポーツカーとしての走行感を十分に堪能できる
インテリア  ⇒ こ軽自動車とはいえ、これだけの価格帯であれば細部をもっと上質にして欲しい
楽 し さ  ★★★★ ⇒ この軽快さは軽自動車ならでは。ターボの過給が気分を盛り上げてくれます
総  評   ★★★ ⇒ 好きな人にはたまらない車。コペンはコアなユーザーに支えられた人気車
logo.jpg軽自動車専門買取サイト『買取るカーnet』
関連記事

テーマ : コペン
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。