スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽トラックNo.1はどれだ?頂上対決!(キャリイ・サンバー・ハイゼット・アクティ)

軽トラックNo.1はどれだ?頂上対決! カーチェンブログ
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

一般の人には興味のない話題かもしれませんが、今回カーチェンブログでは試乗インプレッション対決として軽トラックを特集してみたいと思います。軽自動車と同じく低コストで維持できる点と農業を初めとする商用目的で手堅い需要がある軽トラックは中古価格も比較的高く安定しています。東日本大震災後4~5ヶ月ぐらいの間は、被災地で軽トラックの需要が逼迫し異常なほどの高値を付けていましたが、今では落ち着きをみせています。
日本では必要不可欠なボディタイプ軽トラックを辛口インプレッション!

試乗インプレッション対決に登場する軽トラックは以下の4車種になります。
■キャリイトラック(スズキ)
■サンバートラック(スバル)
■ハイゼット(ダイハツ)
■アクティトラック(ホンダ)

【スズキ キャリイトラック】
CAWB4NR9_convert_20110907025826.jpg
軽自動車を知り尽くしたスズキが販売するキャリイトラック

CASXYLHX_convert_20110401222934.jpg
キャリイトラックのインテリアはいたってシンプル。前輪の張り出しが気になる・・・

トップバッターは、軽自動車No.1を掲げるスズキが販売している軽トラック『キャリイトラック』からいってみましょう!
試乗していきなり気になるのがエンジン音・・・かなりうるさい!車内にエンジン音がこもっていて、エンジンが雑に回っている感じがします。3気筒エンジンのため仕方ない部分はありますが、それでも今回試乗した軽トラックの中でも一番うるさく感じました。
また前輪の張り出しがあるため足元が狭く、ドライビングの自由度が低い事もマイナス点です。
キャリイトラックの総合評価結果としては、昔からある軽トラックが進化をしないまま今に至るといった感じでしょうか。


【スバル サンバートラック】
CA2YVTQL_convert_20120119103954.jpg
2012年3月時点での製造終了により、大人気となっているサンバートラック
画像はかなりレアなスバルブルーのサンバートラック。全塗装ではなく純正色です!

CA5FPD1I_convert_20120119104007.jpg
これは作業現場で注目度バツグンです!

CA0ZKY7U_convert_20110922140338.jpg
現行型サンバートラックのインテリア。マニュアルギアにある赤いボタンを押すと4WDに切り替わります
スバル車の特性なのかマニュアルミッションが若干渋めなのはマイナスポイント

DSC_0159_convert_20110411215139.jpg
スバルサンバーの売りの1つであるシートのリクライニング機能

次に取り上げる車は、スバルの『サンバートラック』
この車は赤帽が配達車として使用しており、それだけ信頼性が高い事の証なのでしょう。残念ながら今後スバルはトヨタの意向により軽自動車を全てダイハツからOEM供給するため、このサンバートラックは2012年3月をもって生産終了となるようです。その影響もあり現在はサンバーへの注文が殺到し、大変な人気を博している模様です。

サンバートラックは軽トラックで唯一4気筒エンジンを搭載しているため、エンジンからの振動はとても少なくパワー感もあります。軽トラックとは思えないほどの快適な回転をするエンジンは4気筒ならではでしょう。さらにリヤにエンジンが位置しているため音がとても静かです。ただRR駆動であるため、多少車体が跳ね気味になってしまっているのはマイナスです。ただ決して安定感がないと言うわけではありません。むしろ急な上り坂や悪路ではバツグンの走行性能を発揮するので、サンバーがリヤエンジンであることを忘れてしまいます。サンバーが「農道のポルシェ」と呼ばれる所以でしょう。

次にステアリングフィーリングですが、サンバートラックのハンドルは速度に応じて重さが変わる仕組みを採用しており、軽トラックの中では比較的安心感があるほうだと思います。
ユーザーの使い勝手の面では、運転席シートの角度が調整が可能です。乗用車では当たり前の事ですが、軽トラックとしては珍しい機能でなにかと重宝すると思います。それとグレードにもよりますが、クッションが入っているなかなか上質なシートを採用している点もサンバートラックが支持されている理由かと思います。他の軽トラックはクッション性のないビニール素材のペラペラなシートが多い中、サンバートラックのシートは軽トラックの中で最上級だと思います。

サンバートラックの総合評価結果としては、全てにおいて完成度の高い独創的な軽トラックといえます。


【ダイハツ ハイゼット】
ハイゼット_convert_20110319171813
ダイハツのハイゼットトラックは軽トラックの王道か!?

CA4QILC8_convert_20110401222839.jpg
コストカット傾向が見受けられるハイゼットトラックのインテリア

試乗してみるとハイゼットトラックもキャリイトラック程ではないがエンジンはうるさいと感じました。またパワー感をあまり感じない非力なエンジンという印象です。
しかしハイゼットトラック一番の問題点はステアリングのフィーリングで、まるでオモチャのようです。ハンドルがフラフラしていて安定感がありません。逆に昔のハイゼットは、重たいぐらいのステアリングフィーリングだったのでギャップを特に感じます。
ハイゼットトラックの総合評価結果は、全てが安っぽい所。インテリアの質感からエンジン音、ステアリングフィーリングにしても一から見直すべきかと思います。今後はスバル軽自動車のOEM供給先となるわけで、ダイハツはもっとがんばらないと支持を受けれないでしょう。


【ホンダ アクティトラック】
CATZ95O8_convert_20110907025857.jpg
2009年末にフルモデルチェンジをしたホンダのアクティトラック

CACW2BFZ_convert_20110418221300.jpg
アクティトラックのインテリア。なかなかしっかり作ってあります◎

アクティトラックは、今回取り上げた軽トラックの中では一番のマイナー車かもしれませんが試乗してみてビックリ!全てがとても良く出来ていて完成度が高い!一番最近フルモデルチェンジしたことを差し引いても、これは立派です。

アクティトラックのエンジン搭載はミッドシップ(MR)形式になっており、サンバートラック同様エンジン音は静かで振動も少ないです。それだけでなくエンジンが3気筒とは思えないパワー感があり、車がどんどん前に進んでいきます。軽トラックにも走りのDNAを感じる辺は、さすがホンダエンジンといったところでしょうか。

さらにアクティトラックは走行中、軽トラックとは思えない安心感を感じる点も素晴らしいです。それは何故か?ボディの作り自体が軽トラックの域を超えているからです。その根拠となるのがドアの厚さ!他の3車種と比べてもその差(厚さ)は歴然で、開閉時に「ドス」という剛性感ある音がします。
アクティトラックの総合評価結果は、軽トラックとは思えないボディ剛性により高い静粛性や安定感を生み、車全体が良くまとまった印象を受けました。乗り心地も全体的にマイルドでこの中で一番いいかもしれません。これはサンバートラックと良い勝負になりますね~。

【軽トラック頂上対決 試乗インプレッション/評価結果】
乗り心地: ①アクティ ②ハイゼット ③サンバー  ④キャリイ
エンジン: ①アクティ ②サンバー  ③ハイゼット ④キャリイ
ハンドリング①アクティ ②サンバー  ③キャリイ  ④ハイゼット
シート:  ①サンバー ②アクティ  ③ハイゼット・キャリイ
人気・評価:①サンバー ②ハイゼット ③キャリイ  ④アクティ
総合評価結果: 同率1位サンバートラック&アクティトラック 3位ハイゼットトラック 4位キャリイトラック
一見みんな同じような軽トラックですが、実際乗ってみると結構特性の違いを感じました。

logo.jpg軽自動車専門買取サイト『買取るカーnet』
VW-256.png 10年・10万キロ超の車専門買取サイト『くるMAX』(スマホ用)
関連記事

テーマ : 軽トラックがお気に入り!
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

コメントいただきましてありがとうございます。
また当ブログの内容が少しでもお役に立てた事を嬉しく思います。
一応、当サイト(カーチェンブログ)は、素人が試乗したインプレッションを記事にしているため、モータージャナリストのような気の利いたコメントはできませんが、一般の人と同じ目線で評価できるところが他にはない強みだと思っています。サンバー大切にして下さい。それでは今後ともカーチェンブログをよろしくお願い致します。

> 現在、古い形(1999年式のTT2・TCスーパーチャージャー・ABS付)のサンバートラックを乗っています。その昔はハイゼットを乗っていました。
> 乗り変えようと思っていますが、なかなか同仕様の軽トラが見つからないので、サンバーは車庫の角に置いといて、次の(新)を乗ろうと思っています。上記の試乗評価は大変参考になりました。
プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。