スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダRX-7(FD3S)&RX-8 試乗インプレッション/評価レビュー

マツダRX-7(FD3S)&RX-8 試乗インプレッション/評価レビュー カーチェンブロブ
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

マツダが世界に誇るロータリーエンジンを搭載した2台RX-7(FD3S)とRX-8をカーチェンブログで試乗インプレッションしたいと思います。
小型で軽量かつハイパワーなロータリーエンジンですが、よくよく考えてみればとてもすごいことに気が付きます。それは世界で唯一のエンジンであること。どういうことかというと世の中にある車のエンジンは全てレシプロと呼ばれるエンジンで、排気量や構造の違いはあるものの基本的には同じです。それに対してロータリーエンジンは全くの別物であり、極端な表現をすると世の中にはレシプロとロータリーという2種類のエンジンしかないことになります。

まずはRX-7(FD3S)から試乗インプレッションしてみると、この車は『とにかく速く走る!』これ一点です。実用性やら燃費やら維持費そんなものは完全に無視です。手に汗握って神経を集中してただ速く走るそういう車です。
RX-7(FD3S)の最大の武器は、軽量なボディと理想の重量バランスから生み出されるコーナリングスピードの高さです。車の限界点が高いので、自分のような普通の運転レベルの人!?が車の性能を全て引き出すのは難しいです。嘘か本当か初期頃のRX-7のカタログには、「運転に自信のある人が乗ってください」と書いてあるとか・・・。そんなこと普通カタログに載せるか~?っと思いながらも、逆にそう言われると購買意欲が刺激されたりして。
そんな尖った印象のRX-7(FD3S)ですが、いざ乗ってみると意外に乗り心地が良いではありませんか!やっぱり足回りにお金がかかっている車は違うな~なんて思いながら、素人の自分でも結構コーナーを楽しめたりします。何気に懐の広い車じゃんと一安心
また動力面では、シーケンシャルターボ搭載のロータリーエンジンが鋭く加速し、高回転まで一気に吹け上がります。レシプロエンジンのようなトルク感はありませんが、独特の回転フィーリングとロータリーサウンドが魅力で、このエンジンの虜になってしまう人も多い所以です。
以上の事からRX-7(FD3S)は運転が上手い人が車のポテンシャルを最大限引き出して乗るのもよし、一般レベルの人が楽しんで乗るのもよしの車であるといえます。

■カーチェンブログ関連記事 ホンダS2000 試乗インプレッション/評価レビュー

ただし次の2点がウィークポイント!
1.雨の日のアクセル操作は慎重に!
RX-7(FD3S)は軽量ハイパワー車のため、雨に日にラフにアクセルを踏むと簡単にホイールスピンしてあさっての方向へ飛んでいきます。
2.夏の車内はサウナ状態
ロータリーエンジンは発熱量が多いのでとても熱くなります。その熱がセンターコンソールを伝わり、運転席はサウナ状態になります。水温や油温の管理もシビアになるので7~9月の運転はお勧めできません。

CAIKO6RA_convert_20110730205909.jpg
RX-7(FD3S)は速さだけでなく、そのスタイリングの美しさに魅了されている人も多いはず
特にボンネットの複雑な曲線は高い技術がないと加工できないとも言われています
イギリスの「テレグラフ」誌webサイトが選ぶ「最も美しい車100選」で61位に入ったことがある

CAK1PGFV_convert_20110626142025.jpg
ご覧の通り、リヤ側からのスタイリングも流れるような美しい曲線を描いています
純正(5型以降)のスポイラーは可変式で、サーキットでもその効果は実証済み

CAJBH7A5_convert_20111020095309.jpg
こちらはRX-7の最終限定車「スピリットR」タイプAのインテリアです。
専用のソフト塗装インテリアパネルを使い、メーターはグレーシルバー色でまとめています。
このスピリットRには、全てシリアルナンバーが刻印されている限定車のためプレミアム傾向です。

CAUYO9MG_convert_20120705114717.jpg
RX-7スピリットRに標準で設置されているレカロのフルバケットシート!これだけでもかなりの金額がしそう・・・
このレカロシートの傾斜は、かなり直角的なため完全にサーキット仕様です。遠出には全く向きませんのでご注意ください!

CASOBM0K_convert_20120705114731.jpg
専用レカロフルバケットシートの後ろはこんな感じです。カーボン調?通気性はゼロです

CA7PZ78U_convert_20111020095247.jpg
これまたRX-7スピリットAに標準装備されているBBS製17インチホイールとドリルドローター!
安全面ではEBD付き4W-ABSも装着されています。そして赤のブレーキキャリパーがスピリットRの証

DSC_0020_convert_20110602231725.jpg
RE雨宮製のスーパーGT300用RX-7レースマシン。エンジンはNAの3ローターエンジンを搭載!
2006年にはクラスチャンピオンにも輝いている凄いマシンなんです

DSC_0270_convert_20110602231743.jpg
パンスピード製タイムアタック用RX-7
2010年末にはレボリューション製のRX-7が筑波サーキット53.6というFR車最速タイムを記録し、この車のポテンシャルの高さを証明する

CANX0PCN_convert_20110908191034.jpg
画像は、FC3Sの最終型アンフィニ∞ 今では程度の良いFC3Sは超貴重です!


2002年8月にRX-7が生産終了となり、次期ロータリー搭載車の登場が期待された中で2003年に発売されたのがRX-8です。RX-8はRX-7の後継車ではなく、全てが新設計の別物です。
RX-8の注目点はこちらの2点
1.観音開きの4ドアの4人乗りクーペとなる
2.従来のロータリーエンジン(13B)が一新され自然吸気のレネシスとなる

まずは注目の新ロータリーエンジンであるレネシスのフィーリングですが、NAということもありレスポンスはとても鋭いです。ただ回転の落ち込みが非常に早いため、低回転でのクラッチ操作は慣れないとギクシャクします。それとトルク感が薄く加速感にパンチがありません。これはNA化されたこととロータリーエンジンの構造上止むを得ないことですが残念ポイントです。ただこの車の特性上、パワーを求めるのではなくNAのフィーリングを楽しむ事にあると思うので給排気系とコンピューター等のライトチューンが適していると個人的には思います。また給排気系をイジルと、乾いたレーシングな音に変わるのでお勧めします。しかしRX-8はロータリーエンジン特有のカブリ症状や各所の熱対策に課題を抱えており、特に初期ロットの車種は注意が必要です。

RX-8のハンドリング特性は、RX-7(FD3S)よりも素直に車が曲がってくれます。フィーリングとしては速く走るためというより、運転のしやすさに重点を置いたハンドリング特性だと思います。合わせて足回りやブレーキも素直で優秀です。

次にRX-8のもう1つの特徴である観音開きのドアを開け、後部席の居住性をチェックしてみます。まあ快適と言うレベルではありませんが、一応大人でも普通に座れます。クーペスタイルでこれだけの空間を確保するのは大変だったはず・・・マツダの技術の高さを感じます。たださらなる後部座席の居住性を求めるのであれば、ランエボやインプレッサにしたほうが無難でしょう。
総合的判断すると絶対的な速さを追求するのであればRX-7、搭載人数などの実用面を考慮に入れつつスポーティな走りを楽しみたい人はRX-8このように分類されます。

CAQYS03R_convert_20110802214530.jpg
RX-8のエンジンは、RX-7よりもさらに低くマウントされている

CA6WCKK6_convert_20110802214514.jpg
RX-8のリアデザインは、スポーツカーとしての迫力にちょっとかけますね

CAHRSOBM_convert_20110602231816.jpg
画像からは分かりませんがRX-8の運転席はかなりタイトな造りをしていて、シートの幅は狭く足元の狭さに至ってはRX-7以上!

CAZ0KGV2_convert_20110802214546.jpg
こちらはRX-8のAT車。赤と黒とのコンビネーションはなかなか決まっています
中古市場でRX-8は、AT車の割合が若干多い感じです

CA4EFYYV_convert_20110602231800.jpg
RX-8は至る所に、ロータリーエンジンのローターをイメージした細工が施されています。
例えばシフトノブやシート、フロントとリヤのスポイラーを良く見ると三角(ローターの形)がイメージされています。

CAD3GU36_convert_20110923221957.jpg
マイナーチェンジ後の現行型RX-8
旧型に比べフェイス周りがすっきりシャープになったことで、一層スポーティー感が増しています


マツダRX-7(FD3S) 試乗インプレッション/評価レビュー結果
乗り心地  ★★★★ これだけの動力性能を持っている割に、意外に乗り心地は良好   
スタイル  ★★★★★ 速いだけでなく、美しいこともスポーツカーには重要
運動性能  ★★★★★ RX-7(FD3S)のコーナーリングマシンとしての速さは国内随一!   
エンジン  ★★★★ レシプロとは違ったまるでモーターのようなフィーリング。ロータリーエンジンはメンテナンスが重要
総  評  ★★★★  孤高のスポーツカーRX-7には、スポーツカーとしては異例の★4つ!

マツダRX-8 試乗インプレッション/評価レビュー結果
乗り心地  ★★★★ 標準で18インチタイヤを装着しているにも関わらず、なかなかGood!   
スタイル  ★★★ モデルチェンジ前は、ちょっと野暮ったく見えるかも。ただ後期型はシャープなデザインに一新
運動性能  ★★★ RX-8は速く走ることよりも、楽しく走る車です   
エンジン  ★★ NAロータリーエンジン(レネシス)は、パワーやトルクが少ないです。ただレスポンスと音はFD3Sより上 
総  評  ★★★ 現在世界で唯一製造販売されているロータリー車としてRX-8にはがんばって欲しいものです
Childhood Dream-256本当に知ってる?中古車に関する話 『カーチェン.jp』
関連記事

テーマ : ロータリーエンジン
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。