スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディTTクーペ 試乗インプレッション/評価レビュー

アウディTTクーペ 試乗インプレッション/評価レビュー
carchanlogo-cocoa-yokoリサイズ版 中古車交換・個人売買サイト『カーチェン』

今や外車で最も勢いのある自動車メーカーそれがアウディ(AUDI)。メルセデスベンツやBMWは、アウディの躍進振りに戦々恐々としていることでしょう。そんなアウディが展開する車種で、唯一のクーペボディでもあるアウディTTクーペを試乗インプレッションしてみましょう!

アウディTTクーペには大きく4種類のタイプが設定されています。
◆まず標準グレードであるアウディTTクーペ
◆そしてさらにスポーツ性能を高めたアウディTTSクーペ
◆そのアウディTTSクーペをさらにスパルタンにしたモデルがアウディTT RSクーペ
◆アウディTTクーペのオープン仕様がアウディTTロードスター
今回カーチェンブログでは、標準グレードのアウディTTクーペで試乗インプレッション/評価レビューしてみたいと思います。

CAX72VVO_convert_20110703104055.jpg
鋭く切れ上がったヘッドライト形状が特徴のアウディTTフェイス
旧型にあった野暮ったさが一新され、洗練されたデザインに変更

CAW84KSO_convert_20110703104029.jpg
真正面から見ると全体的にかなり丸みを感じます。若干攻撃的!?な印象を受けませんか?

CAMXSS71_convert_20111020095354.jpg
ちなみにこちらが前モデルのアウディTT。現行型に比べるとマイルドな印象


試乗車は、アウディTT2.0LのFFモデルの標準車になります。
まず走り出してみると、なかなか素直な車だな~というのが率直な感想です。比較的乗りやすいというか癖がないので、クーペだからといって肩に力を入れる必要はありません。ただしステアリングのフィーリングに至っては、ちょっと軽すぎるんじゃないの?と感じるぐらい軽いです。
車自体の動きは、ドライバーの意思に忠実に従ってくれるので楽ですね。この辺りがアウディが運転しやすい評判になる重要な要因なのかと思われます。
技術的には次の解説を参考にしてください

磁性流体を使用したショックアブソーバー「アウディマグネティックライド」をオプション設定。磁性流体で作動するアダプティブシステムにより、走行状況とドライバーのドライビングスタイルに応じてロールの安定化を行い、乗り心地の良さとダイナミックな走りを同時に実現

CA26EWA5_convert_20110703103901.jpg
アウディのインテリアは、高級感を演出するのが非常に上手い!
特別高級な素材を使用しているわけではないのですが、何故か高級感を感じるインテリア

CA8IM0V4_convert_20110703103845.jpg
非常に男性的な力強いインパクトがあるアウディTTのコックピット
ステアリングが円形でなく下部分が水平に切れているところが、昔のF1みたいでGOOD!

CAPFN8ME_convert_20110703103958.jpg
アウディTTの操作ボタンはシンプルでとても使い易いです。
逆に現行型のA4やA6は、ゴチャゴチャしていてとても操作性が悪いです

audi_convert_20110703104655.jpg
ノーマルのプラスチック部分に本皮を貼る事で高級感アップ!

スタイリング良し!インテリアの質感良し!乗りやすさ良し!っと良い事づくめのアウディTTクーペですが、辛口評価のカーチェンブログとしては、2つほど物申さなければならない所があります。
1つは、6速Sトロニック(デュアルクラッチギアボックス)が×ですね。パドルシフト操作でアップダウンするんですが、低速時(15~30キロ)ではギクシャクします。特に1速なんて全く使えない代物です。まるでマニュアルのギアチェンジが下手な人が運転しているみたいです。これなら通常のDレンジで普通に走っていた方がいいかもしれませんね。さらにはエンジンとギアの相性?が良くないのか、これまた低速時(15~30キロ)に安っぽいディーゼルエンジン風の音がします。感覚的にはトルクが伝わっていないような気がして物足りなさを感じます。フォルクスワーゲンゴルフⅥなどは1.4Lの排気量にDSG(ギア)の組み合わせでこの問題を解消しているので、アウディもいずれ解決してくるとは思いますが・・・
もうひとつは、ハンドリングに今一キレというかダイレクト感が薄いように感じます。アウディTTは、あくまでスポーツクーペなのでここの部分はかなり重要な要素だと思います。意のままに車が動いてくれるBMWや懐の深い安心のハンドリングがメルセデスベンツの真骨頂だとすると、アウディTTは非常に中途半端。ただアウディTTSなどのスポーツ仕様では良い感じになっています。

CADKSQUO_convert_20110703103926.jpg
アウディTTの純正ホイールデザインはなかなかgood!

CABSJIL1_convert_20110829232107.jpg
こちらはスポーツ仕様のアウディTTSです。何気に赤も似合います

CA2VLW25_convert_20110829232051.jpg
アウディTTSのリヤデザイン。この形状だと後部座席はかなりの圧迫感を感じます

CABN4DJX_convert_20120205095404.jpg
アウディTTSはシフトレバーもスパルタン!

『アウディTTクーペ 試乗インプレッション/評価レビュー結果』
乗り心地  ★★★ ⇒ スポーツクーペですが、特に足が硬いと感じることはありません
スタイル  ★★★★ ⇒ 近年のアウディはデザインが良い。ただアウディTTに関してはリヤがイマイチ
走 行 性 ★★★ ⇒ 性能的には標準的だがダイレクト感に欠ける。走りの質はBMWに軍配
インテリア ★★★★ ⇒ インテリアのクオリティやデザインもアウディ人気のひとつ
エンジン  ★★ ⇒ エンジン自体悪くないが、ギアとの相性が×
総  評   ★★★ ⇒ 外車オープン・クーペならBMWZ4やメルセデスベンツSLK、VWシロッコなどと比べて遜色ないレベル
Childhood Dream-256本当に知ってる?中古車に関する話 『カーチェン.jp』
関連記事

テーマ : アウディ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カーチェン

Author:カーチェン
カーチェンブログへようこそ!ここには車に関連する情報が満載です。これから車は、ライフスタイルに合わせて手軽に乗り換える時代。カーチェンブログでは、そんなあなたのカーライフサポーターとして有意義な情報を発信していきます。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。